保険のビュッフェを口コミから自分で選んでみました

保険のビュッフェを口コミから自分で選んでみました

保険のビュッフェを自分から

 

保険のビュッフェというものは、口コミで聞いていました。保険について無料相談してくれるということで、将来が不安な私にとっては非常に魅力的なものでした。しかし、それでも行かなかったのは、日々が多忙だったからです。やはり、働いていると、仕事に時間を拘束されます。そして、その中で保険について考える時間も少なくなってきました。毎日、寝て仕事して、風呂に入って食事をするというような生活を続けていた毎日でした。その中で、やはり自分でも怖いと思ったのはお酒です。楽しみがまるでなくなり、ぼうっとした生活を続けている内にお酒の量が増えていってしまいました。このままでは、肝臓を壊す。そう思った私は休みの日に無料相談に向かうことにしました。そうなると、やはり自分の今の健康状態では保険に入るのが難しいということがわかりました。

 

別に嘘を吐いて入れば、入れなくもないのですが、そうした場合、嘘を吐いていたということで、保険がおりなくなる可能性もあるということで、確実にお金を貰いたいならば正直に話すのが吉だということを知りました。折角、保険に入ったのに、土壇場で、お金を貰えないとなると、そのショックは相当なものだろう、と考えました。中には裁判を起こして頑張ろうという人もいるかもしれませんが、裁判は裁判を起こした側が裁判費用を負担します。万が一負けた場合、莫大な負担がかかるのは裁判を起こした側です。そして、私の場合、肝臓の数値が悪いので、そうした場合に負ける可能性が高いのは事実です。そうしたことをしっかりと教えてくれて、自分に合った保険を探してくれました。感謝してもしきれません。

 

人生の最後の保険というのは、生活保護です。日々の生活を助けてくれるだけではなく、医療費まで払ってくれます。しかし、そんなものに頼りたくないというプライドが私にはありました。やはり、皆さまの税金をそんな形で消費させてしまうというのは、悪しき風習です。そうしたものに頼ってしまう前に、まずは文字通りの保険をかけておかなければと思ったのです。しかし、無知な私のことです。インターネットで調べても、どの保険が一番いいのかなんてわかりません。そうした状態から無料相談に自分から足を運べて良かったと思っています。私はお金は命の次に大事なものだと思っています。何故かというと、病気になった時にお金のあるなしで命が繋ぎ止められるかどうかが決まるからです。

 

日本では、まだましですが、アメリカなどでは救急車を呼ぶだけで莫大な費用を必要とします。日本もいつそうなってしまうかわかりません。日本は児童ポルノ法や捕鯨の中止などを例にすると、アメリカの文化をそのまま受け入れる体質があります。そうした体質の中、恐ろしいのはお金で医療が買えて変えることができるような社会になることです。そうした社会にならないということは、全くゼロではありません。少子高齢化社会によって、高齢者の医療費は破たん寸前にまで膨れ上がっています。そうしたものに対して、アメリカがこうしいているからいいだろうという判断を下すこともあり得るのです。

 

そうした不安定な日本に住んでいる以上、自分の身は自分によって守らなくてはいけません。それが保険に繋がるのです。保険は、何かあった時に保証してくれます。それは、何よりもの安全です。自分だけが大丈夫ということは、世の中ありません。むしろ自分だからこそ、大丈夫ではないと考えるべきです。世の中、何があるかわからないのです。病気になるかもしれません。肝臓を壊すかもしれません。怪我をするかもしれません。そうしたものをカバーしてくれるのが保険なのです。

 

 

紹介してもらった保険会社

 

保険のビュッフェで紹介して貰ったのは、保険Queenと保険クリニックです。私はこの二つでどちらにするべきか迷いました。どちらも保険料を支払う際に、不安なく支払ってくれるという説明を受けたからです。保険のビュッフェは色々な保険会社を斡旋してくれますが、同じような条件の場合、優先するのは、自己判断です。口コミから自分で探すしかありません。しかし、ある程度まで絞ってくれるので、私にとっては非常に便利なものでした。結果として、私は保険Queenを選びました。私が女性であり、女性に優しい保険会社ということで、私にとってメリットがあると考えたからです。保険クリニックも魅力的ではありましたが、微量な差で負けました。

 

また、口コミを見ながら、自分で選んだ部分もあります。しかし、最終的に決めたのは、無料相談での言葉でした。「女性というのは弱い立場にある。だけど、それを強みにしてくれる保険会社もある」そういったことを話してくれる相談員がいたのです。私も母子家庭で、何かあった時に子供に遺産を残しておかなくてはいけないという気持ちがあります。しかし、貯金できるほどの余裕はありません。日々の生活で精一杯です。そうした中、生活水準を保ったまま、子供の心配を取り除く方法がありました。それが保険です。全く無知であった私を気遣って、色々と相談してくれたことには感謝しています。そうしたものが、一気にお金としてやってくる日々はないことに越したことはありません。

 

しかし、そうした日がないとは言い切れないのです。世の中、怖いことばかりです。人間はいつか病気になって死にます。寿命で亡くなる人の方が少ないです。そうした現状を考えると、もしもの時に、子供に安心して生活できてしまうことができる保険はかなり魅力的なのです。保険のない人生こそ、不幸な人生である。そうした言葉を残した小説家がいました。昔は、木造建築である日本において火事が多発しており、そうした言葉には重みがありました。実際にアメリカは日本の地震の被害から日本の木造建築の危うさを感じて、分析していたといいます。そして、その結果、東京大空襲につながり、東京を焼野原にしたのです。その時に亡くなった人数は計り知れません。

 

それこそ、何十万人という民間人が死にました。そして、何百万人という人が住む家を失いました。それを考えれば、自分にとって保険というものが如何に大切かということを思い知らされます。そうした過去の経験があるからこそ、何かが起こってから保障してくれるものがあるというのは素晴らしいことなのです。東日本大震災でもそうです。保険をかけている人と、かけていない人では大きく生活水準が違っています。それは、保険によるお金の違いからなのです。そうした考えがあるからこそ、保険をつけることにしました。やはり、子供には幸せな人生を送って欲しいです。どんなに苦しくても、どんなに酷いことがあっても、それを跳ね返すだけの力があることがまずは私の保険で養って欲しいです。

 

もちろん、子供が成人するまでには、死ぬ気で子供を守ります。しかし、それが通じない時もあるというのは過去の経験からわかっています。そのため、いざという時に子供にお金を渡せるように、そしてそのお金を大切に使えて貰えるように、保険に入れて良かったです。また、保険の無料相談を受けて、その相談に素直に答えてくれて本当に良かったと考えています。知人から紹介して貰って無料相談を受けたのですが、その紹介で受けた保険会社は最適でした。持つものはやはり違います。もしもの時に役に立って貰えたらと思います。